2005年09月30日

『死んだ地球からはビジネスは生まれない』

今週の『週間東洋経済(2005年10月1日号)』にLOHASの小特集が記載されていた。
6ページの特集で、そのうち4ページが最近のロハスビジネスについて、
残り2ページが米パタゴニア社の創業者イヴォン・シュイナードのインタビューだった。

たった2ページだが、イヴォン・シュイナードの言葉はすごく重かった。

続きを読む?
posted by とものしん at 00:22| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

夏休み読書感想文【下】 『シブヤミライ手帖』


さて、3冊目は、ハセベケンさんの『シブヤミライ手帖』 ハセベケン 木楽舎 本
Shibuya-Mirai.jpg

彼は、大学卒業後に大手広告代理店に入社。退社後、NPO法人「green bird」を設立し、
現在は渋谷区議会議員として活躍しています。

この本は、ハセベケンさんが、NPO法人代表として、そして区議会議員として、
考えてきたことや頑張ってきたことを纏めたもの。
Amazon.comのカスタマーレビューでは結構酷評されているようですが、
僕の感想を書きたいと思います。


続きを読む?
posted by とものしん at 17:36| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

夏休み読書感想文【上】 『天風先生座談』&『運命を拓く』

残念なことに今日で夏休みリゾートが終わり、明日から学校が始まる。
小学生ではないが、夏休みに読んだ本本で、LOHASに関係する本が3冊あり、
読書感想文メモを書いてみたいと思う。

今回は、中村天風氏に関する書籍を2冊。
『天風先生座談』 宇野千代著 廣済堂文庫
Tenpu-1.jpg

『運命を拓く』 中村天風著 講談社文庫
Tenpu-2.jpg

2冊続けて読んだけど、この2冊には非常に感銘を受けた。
 『人間とは何か?』
 『生きることとはどういうことか?』

に対し、天風氏自身の経験と熟慮を元に解り易く噛み砕いて記述されている。

何故彼の考え方がLOHASに通じるかというと、彼が悟りを得たのは、YOGAの先生の下で修行しているときで、
YOGAの基本的な哲学がベースになっているからだ。

続きを読む?
posted by とものしん at 00:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

『SOTOKOTO』に載ってたよ!

先日の記事で紹介した『天然岩牡蠣』と『だだちゃ豆』が、『SOTOKOTO10月号』に掲載されていました!わーい(嬉しい顔)
200510.jpg

『天然岩牡蠣』(P37)
秋田県象潟町産が載っていましたが、とものしんが食べたのは、その南にある山形県遊佐町産
ここでも採れるよ。
ついでに、地元のじじちゃんとばばちゃんの笑顔と庄内弁もモレナク付いてきます。
岩牡蠣を剥いてくれたら、『もっけだ〜』(*1)と言いましょう。

『だだちゃ豆』(P36)
言わずもがなっ!濃厚な味です。
お盆時期のの贅沢な一品です。

ついでに、
『ハタハタ』(P36)
これも庄内在住時は良く食べました。
卵でお腹が膨れ上がったハタハタを焼いて、それに挽肉と鰹節と砂糖とかを加えて作った
自家製“肉味噌”
をつけて食べたものです。
卵の歯ごたえは、“キュッキュッ”という感じ。
(↑こればっかりは食べてみないと解らないと思う。)
そして、ハタハタが食卓に上ると決まってお祖父ちゃんやお祖母ちゃんが
「昔は腐るほど採れで、毎日ハタハタ食たもんだんども、最近は高っげぐでの〜」(*2)
と言うのが決まりです。毎年。

それにしても、全国には美味そうなものがたくさんあるんだな〜。
因みに、とものしんが一番食べたい!って思ったのは、岩手県山形村の短角牛の「ウチモモ握り」でした。

みんなのところの“んめもの”(*3)、載ってた?



-------------
(*1 庄内独特の最も素敵な方言。「ありがとう」と「すみません」を足して2で割った意味。)
(*2「食べたけれども、最近は高くてね〜」の庄内弁)
(*3「美味しいもの」の庄内弁)
posted by とものしん at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。