2005年09月19日

チャリダーとものしん

とものしんは、チャリダーわーい(嬉しい顔)
チャリダーとは、チャリンコ(=自転車)+ライダーの造語だ。

今年の夏場は暑くって晴れ、チャリンコでの外出は熱射病なんかで健康を損ねる可能性があったから
しばらくは電車電車とか利用していたんだけれども、ここんとこめっきりと秋らしくなってきて、
気温も適度に過ごしやすい程度に。熱中症の心配もなくなった。

ということで、チャリンコ生活を復活させることにした。わーい(嬉しい顔)

とものしんがチャリダーに変身するのは、主に通学。
自宅から学校まで、片道約12〜13kmで所要約40分。これを往復するから約25km。
結構アップダウンがあって、結構汗かくし、適度に疲れる。
有酸素運動(都内を走るとむしろ“有排気ガス運動”なんだけど…もうやだ〜(悲しい顔))だから、
脂肪が燃焼されて、いい運動になる。

とものしんのチャリンコはクロスバイクというタイプで、
簡単に言うと競争用のロードバイクのハンドルが、マウンテンバイクのようなバー形状になっているもの。
車重が軽いタイプのものをチョイスしたから、スピードダッシュ(走り出すさま)も出しやすいし、坂道も楽。わーい(嬉しい顔)
たぶん、このチャリンコに使われている軽い金属を作るには膨大な電力が使われているんだろうから、
その電力分を取り戻って有り余るくらいこのチャリンコに乗ってやろうと思ってる。

とものしんがチャリンコを移動ツールとして使っていて思うことは、こんなこと。
 ■二輪車専用道がもっと増えたらいいなぁ〜
 ■専用道がないなら、せめて歩道の段差をなくして欲しいなぁ〜
 ■チャリンコを乗せれる電車があったら、遠出することもできるのになぁ〜
 ■駐輪場がもっとあったらなぁ〜
 ■感じる風は気持ちいいけど、排気ガスってホントに臭いなぁ〜ふらふら


でも、一番切実に思うのは、やっぱりこれ↓
 チャリンコを大切に扱おうよ。使い捨てにしないようにしようよ。リサイクルしようよ。

とものしんは、チャリンコが大好き。
 チャリンコを考慮した街づくり → チャリンコ生活 → エコ
という感じの街づくりがあってもいいなぁと思う。


【関連する記事】
posted by とものしん at 23:19| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然環境への配慮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャリダーかー、なかなかの造語だね。
横浜のおばさんとこに、ポロじゃなくボロのバイクで時々訪問した話を聞いたことがある。
近所で話題にのぼることもあったとか・・・

そう言えば、先日ひょんなことからホワイトバンドGetしました。
あと、今日のオークションでHDR-FX1もGetしちゃいましたので、お友だちへのお話はなかったことに。。。
Posted by 十四代 at 2005年09月24日 23:16
●チャリダーって、いいネーミング!
ということは、オイラは、ママチャリダーってわけか。
で、不つつかながら、「練馬区自転車駐輪対策協議会委員」もやっておる。

●その会の議題に放置自転車引取り料金の値上げというのがあった。近隣自治体が軒並み値上げをしていること、値上げをしないと財政がもたないことなどが提案理由。放置自転車を回収し、しかるべき所に集め、管理し、持ち主がわかるものには連絡をし、引き取りに来てもらう…の実費がなんと一台に付き9000円を軽くオーバーすると言う。
引き取り料金をこれまでの2800円ではアカンから、5000円にしたいという。
その積算根拠に怪しきものを感じるも、無視される。実費を徴収すればいいもだが、それでは引き取るより、買った方が安い自転車が沢山売られているので、溜まる一方になるとのこと。
ああ〜、この矛盾!

●ロハス殿のように、もっと皆さんに自転車を大切に使っていただきたいと、切に願っておる。

●ヨーロッパでは、自転車専用道路が多々あると聞く。新規の道路を作る時、自転車専用道路を作ることが、今後のロハス生活にかなり貢献するはず。

●下記にかなり押さえた調子でレポートしてあるので、暇な時にご覧下さい。役所に嫌われると後々面倒なので、かなり押さえて書いたつもり。http://members.jcom.home.ne.jp/say723/kyougikai.htm
Posted by SAY at 2005年09月27日 23:12

十四代さん、SAYさん、いつもコメントありがとうございます。

■十四代さん
学生時代は、チャリンコと原付の2台体制でしたが、最近は専らチャリンコです。
あの原付は、仙台に住んでいた妹にあげるため、横浜から仙台まで一泊二日野宿して乗って行きました。ガソリン代はたった1300円だったのを覚えています。

■SAYさん
練馬区の自転車駐輪対策協議会委員とは驚きです。
Webサイトも拝見しました。活動的な姿勢に脱帽です。

自転車専用道路、是非普及して欲しいものです。
特に東京都は、都への自動車の乗り入れ規制の話がよく持ち上がりますが、実施するならそれと併せて自動車専用道路や自動車レーン増設を検討して欲しいですね。
同時に、放置自転車についても何らかの施策が必要になるでしょうね。SAYさんの取り組んでいらっしゃる活動が強いては東京都のロハス的活動の参考になるかもしれませんね。

放置自転車については、もう倫理観の問題だと思いますが、こればっかりはみんな同じレベルという訳にはいかないので、うまい“仕組み”が必要なんだと思います。何でもかんでも税金を使えばよいと言うものではなく、放置すると所有者が損するような仕組みを考え出せればいいと思います。

例えば、ぱっと思いついたのが、自転車基金。
自転車購入時に強制加入で一定金額を支払って、基金がプールしておき、自転車を廃車にするときにその金額が戻ってくる仕組み。プールしたお金は、廃自転車のリサイクル費用や放置自転車撤去費用に使う。なんてね。最初に始める時と地域性が問題になるでしょうけど。

税金を使うのではなく、こうやってモノを大切にすることが本人にも社会にもうまく作用するような仕組みがあるのが一番だと思います。
Posted by とものしん at 2005年09月29日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。