2005年09月11日

夏休み読書感想文【下】 『シブヤミライ手帖』


さて、3冊目は、ハセベケンさんの『シブヤミライ手帖』 ハセベケン 木楽舎 本
Shibuya-Mirai.jpg

彼は、大学卒業後に大手広告代理店に入社。退社後、NPO法人「green bird」を設立し、
現在は渋谷区議会議員として活躍しています。

この本は、ハセベケンさんが、NPO法人代表として、そして区議会議員として、
考えてきたことや頑張ってきたことを纏めたもの。
Amazon.comのカスタマーレビューでは結構酷評されているようですが、
僕の感想を書きたいと思います。


率直な感想としては、
 自分と同年代の人が、こうやって自分が生まれ育った地域のことを考え、
 それを自分なりの言葉や絵で表現し、主体的に活動を起こしていっているのを知って、
 なんだか勇気が湧いて来ました。ワクワクするというか、嬉しくなるというか。
 コドモゴコロを忘れないで、夢はでっかい。
わーい(嬉しい顔)
発想も、なんだか自分に近いし、考えるだけじゃなくて活動に結び付けている
ところがすごい。
こういうミライが実現したら面白いだろうなと思った。

特に、
 ◆学校という場を活用しての大人と子供、老人と子供の交流
 ◆スポーツとのふれあい、振興
 ◆街の美化

については賛同。
今までの行政の発想は、予算はハコモノ(=ハード)を作ることに回されがちだったけど、
これらはソフトの面での地域生活・交流のレベルアップという点だから。
今までハード中心だった自治体にとっては、地元企業とのつながりがあって、
その企業の雇用とかもあるから、なかなかその構造を変えることは難しいと思うけど、
こういう考え方を少しずつでも持って行政ができていったらいいんじゃないかと思う。

でも、本としての内容はちょっと少ないかな、物足りないかなという感じ。
適度にユルイ感じで書かれていて、若い人達にも読みやすいようにしているんだろうけど、
もう少し活動実績を出して、内容を深く掘り下げて書いてみたら、
更に面白い本になったのではないかなぁと思ったりもした。
posted by とものしん at 17:36| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。

 TBしたところ、私のところにわざわざお越しいただき、ありがとうございます。

 いろんなことに、前向きにかつ楽しく取り組んでおられるんですね。
 肩の張らない書き方に、見習わなければと・・(笑)
Posted by てらまち at 2005年09月13日 05:46
てらまちさん、コメントありがとうございます。

当ブログ、稚拙な文章でお恥ずかしい限りです。
また、てらまちさんのように実際の活動が伴っていないところがあり、てらまちさんの活動を拝見して自省しています。
今後もてらまちさんの活動を応援させていただきたいと思います。がんばれー!
Posted by とものしん at 2005年09月13日 09:34
てらまちさんのHPやブログを拝見しました。ここにもまたマジに地域活動している人たちがいた!こんなに大勢の人たちが、それぞれ前向きに頑張っているのが嬉しくて、ついカキコしてしまいました。よっしゃ、オイラも頑張るぞー!!
Posted by SAY at 2005年09月13日 23:34
SAYさん、いつもコメントありがとうございます。

ホント、世の中には頑張っている人がたくさんいますね。元気付けられます。

それと、遠慮なくどんどんカキコしてくださいね。元気付けてください。
Posted by とものしん at 2005年09月14日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6805420

この記事へのトラックバック

◆必要性のない郵政民営化・解散の選挙費用。地方自治体職員の給与を支給しないことは違法??
Excerpt:  今回の小泉解散問題について、地方議員としての精算をしようと考えています。 2005.9.11(衆議院総選挙の投票日に当たって) ◆地方公共団体(自治体)は、国政選挙の執行を手伝うことが義務づけられ..
Weblog: てらまち・ねっと
Tracked: 2005-09-12 19:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。